宅配の早さの秘密を徹底追求!

>

被害拡大中のネット詐欺とその内容

実際にあった詐欺内容

宅配におけるネット詐欺というものは、「不在通知がメールやSMSで届く」「届け物があるからとURLにアクセスしてほしい」というものが大多数です。
そして、実際にそのメッセージ通りに手順を踏んでいくと、偽サイトに飛ばされてしまい、情報が抜かれてしまう、というものです。
抜かれた情報でクレジットカードを不正に利用されてしまったり、携帯が乗っ取られてしまったり、詐欺に利用されてしまったりするなど、被害はかなり大きいです。

相手が騙る業者は宅配のみではありません。通販業者や、SNSサービスなどの名前を騙っている場合も勿論あります。SMSは数字のみで構成されているので大勢の人が被害にあうのもネット詐欺の特徴です。

詐欺の被害にあわないためにも

詐欺の被害にあわないためにはどうすればいいでしょうか。
まず第一に送り主が知っている企業であっても、不用意にURLを踏まないことです。URL先のサイトでアプリをインストールさせたり、情報を入力させたりしますが、それ以前にリンクに飛ばないことで未然に防げます。
また、企業が詐欺メールの事例を出していたり、詐欺に対する勧告をしていたりする場合もあります。メールの内容に不安を覚えたときは、検索してみるのも手です。

アンドロイド向けのスマホを使っている場合、設定のセキュリティの画面から「提供元不明のアプリ」をインストールできなくするというのもおすすめです。
これを設定しておくことで、不正なアプリをインストールすることがありません。


この記事をシェアする