宅配の早さの秘密を徹底追求!

>

便利な宅配の秘密と起こり得る恐ろしさ

宅配の早い仕組み

ネット通販での仕組みを簡単に説明します。
商品を購入すると、情報が登録されます。そして、その情報を元に商品を探し、梱包されます。
これら一連の作業は全て手作業ではなく、機械で行われます。
商品に番号をふることによって、機械での作業を可能にしているわけです。

それと同じようなことが、宅配でも行われています。
送られる荷物はまず宅急便センターに集められます。そして仕分けを行う拠点に分けられ、方面ごとに仕分けしていきます。
まずは長距離の移動を下請け会社のトラックで行い、そこからより細かく仕分けしていくのです。

現在離島などの特殊な場所でない限り、送られてから翌日でつきます。
宅配の早さの秘密は、たくさんの人々によって支えられているわけです。

宅配?郵送?用語の違い

宅急便と宅配便。そして郵送。これらには一体どういった違いがあるのでしょうか。
宅配便は「送り主から依頼されたものを指定された住所に有料で届けるサービス」のことです。

宅急便は「ヤマト運輸の宅配サービス」のことです。
宅急便という言葉は商標登録がされていて、ヤマト運輸の宅配サービスのみをさします。

つまり荷物を有料で送るサービス全般を「宅配便」と呼び、「宅急便」は宅配サービスのごく限られた一部をさすのです。
勿論ほかの会社でも名前をつけて売り出していますが、それらはすべて「宅配便」の一部です。

一方郵送は「郵便で送る」を略したもので、「送るさいに郵便局を利用したもの」を言います。
メリットやデメリット、価格の違いなど細かい差があるので、一度調べてみてはいかがでしょうか。


この記事をシェアする